カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

最新記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー別一覧

月別一覧

■ 鳴門観光の未来を考える国際フォーラム

9月9日
鳴門商工会議所は、カジノ構想にかねてから賛成で、いろいろ勉強会を行っています。
昨年、私も、シンガポールのカジノ視察に一緒に行かさせていただきました。シンガポールは2ヵ所あり、アミューズメントパークと併設、ショッピングモールやホテルと併設の大型カジノでした。
鳴門でカジノと言っても、モデルにしているのはドイツのバーデンバーデンにある、保養地型です。
あくまでもラスベガスや、マカオ、シンガポールのような巨大施設併設ではありません。
今回は講師に、スイスのグランカジノルチェルングループ最高経営責任者をお招きし、基調講演が行われました。







スイスのカジノは、収入の8割が税金とか、規制がたくさんあるようです。カジノを作るにあたり、そのルール作りをしっかりと行う必要があると思います。カジノの目的をはっきりさせる必要もあります。
今回のお話でのんびり楽しむカジノを知りました。一口で言い尽くせないバラエティーにとんだカジノ、まだまだ情報を収集していきたいと思います。

■ 鳴門の阿波おどりフィナーレ

鳴門の阿波おどりフィナーレです。
総踊りで幕を閉じました。


高張提灯先頭に踊り込んできました。










私は、子どもの頃から、毎年毎年欠かさず見に来てますが、やっぱり大好き!楽しいですよ♪。
徳島人はみんな夏が大好きで、よしこのが鳴り出すと家にはいられない。♪踊る阿呆に♪見る阿呆に♪♪盛り上がります。
さあ、鳴門の阿波おどりは、また来年。明日からは徳島の阿波おどり。
(~▽~@)♪♪♪o(^-^o)(o^-^)o


■ 鳴門の阿波おどり2013

鳴門の阿波おどり。
毎日8月9日から11日の3日間開催されています。

私は、10日、鳴門ライオンズクラブ連で、参加しました。



友好クラブの会津若松鶴城ライオンズクラブメンバーも、会津のハッピと幟旗で踊りました。

まずは、みんなで練習です。

右手右足、左手左足。交互に出して鳴り物に合わせて「やっとさァ、やっとさあァ」


さあ、桟敷に向かって出発。
高張提灯先頭に。







■ ドライブインまんなか

昼食は山城町のドライブインまんなかにて、妖怪づくしひとつ目丼。
徳島県山城町には、こなき爺がいると言われています。
水木しげる氏にも認められ、2008年に怪遺産認定にもなっています。







写真は1日限定20食のひとつ目丼と、ひだるラーメン。
部屋にはひとつ目入道がお出迎えしてくれます。
こなき爺の石像、妖怪屋敷等もあり、これからの季節には涼しくなれるかもしれない……です。

■ 祖谷のこなきじじいさん

101003_154857.jpg
ゲゲゲの女房のドラマ、毎朝楽しみに観ていたファンとしては、少し淋しくなりました。

しかし、
徳島県にも妖怪伝説あります。
そうです
こなきじじいさんは祖谷に伝わる妖怪話です。

10月3日、商工会議所青年部の四国ブロック大会が阿波池田で開催され、参加してまいりました。

この機会にと
山城町のこなきじじいさんの石像探しと妖怪博物館に行ってきました。

| 1/1ページ |