カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最新記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー別一覧

月別一覧

■ 謹んでお見舞い申し上げます

 3月11日に発生しました、東北地方太平洋沖地震の
被災地の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
一日も早く救援が行き届くこととと、
一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

また、徳島県においても被害を受けられました皆様に
お見舞い申し上げます。

徳島県での相談窓口、義捐金等受付情報は下記の
徳島県のホームページへ
http://anshin.pref.tokushima.jp/home/index.html

このたびの地震発生に伴う津波の威力、
また計り知れない自然の脅威をまのあたりにし、
南海地震の発生率が30年間で60パーセントの徳島県として、
防災対策のあり方を根本から見直す必要があります。
 
今までは、津波対策として、堤防を高くし、津波タワーを建て、
津波から命を守るとしていました。
しかし、実際は堤防をはるかに越え、
猛スピードで襲いかかる津波に対しては、
どうように避難道路を確保し、避難場所へ迅速に逃げる事ができるか
少しでもはやく、少しでも高い所への避難が最重要と確信しました。

今回の地震でも津波警報が出されました。
鳴門市内でも、里浦地区、岡崎地区、立岩地区の皆さんは、
妙見山を始め中山や運動公園等の避難場所に避難されました。
このとき、車の渋滞や、駐車スペースの混乱等が
おこっていたようです。
避難の仕方として、
高齢者や乳幼児の子どもたちを連れた方の車が通行できるよう
再度検証する必要を感じました。

堤防だけでは防ぎきれない、想像を遥かに超える、
巨大津波に対しては、高台での避難場所の確保。
これは、今回の地震での最重要施設です。
私は、鳴門市ではどこからもアクセスできる場所に
避難施設を造ることを提案したいと思います。

また、各地域の現在の避難場所の再検討をし、
県全体での避難場所の見直しが必要であると思います。

安心、安全な徳島づくり、県民の命と財産を守るため、
頑張って参ります。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック