カレンダー

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

最新記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー別一覧

月別一覧

■ WMG、水泳会場視察

ウエイトリフティング会場の
隣にある水泳会場を視察。
オークランドWMGの各施設は
本当に機能しています。
ウエイトリフティング会場と同じ所にも
屋内プールがあり、そこはアップ用。
試合をしているのは、隣の施設にある
屋内プールです。

屋内プールがない鳴門としては、
とても羨ましい水泳の環境です。










■ WMG3日目視察

3日目。
今日はウエイトリフティングの会場から。
会場に到着すると、
救急車が止まっていました。


しかし、周辺は静かでした。

近寄ると、ここに停車しているようです。

救急車はこの場所に待機、
では救急隊員はどこ?と思いながら
会場内に入りました。

今日もボランティアスタッフが
受付、案内をしてくれています。
案内看板には水泳とウエイトリフティングが出ています。


ウエイトリフティング会場に入ると、
救急隊員の方が2人座って待機し、
試合を見守っていました。



設営スタッフもがんばっていました。

徳島のウエイトリフティング協会からは、
富永さんが視察に来られています。


会場では、たくさんの方が楽しそうに
応援しています。


選手の皆さんも、それに答えるように
がんばっていました。




表彰式では、階級の分かれ
メダルを受け、優勝者の国歌が流れます。












成果を発揮できた選手のかたは
涙ぐまれてる方もいました。
IWCの試合も兼ねているので、
喜びも何倍にも、なるのでしょうね。

■ WMG2日目の仮装パーティ

開会式の次の日、大会2日目の夜。
なななんと、仮装パーティ。
エントリー会場のスペースは、
1日目は
選手のチェックインカウンター、



オリジナルグッズの販売場所でした。



一夜あけ、2日目朝には
何もなくなって、両サイドに
バーカウンターらしきものが設置。
そして、その夜、またまた姿を変えて
選手たちをお出迎え。
そうです、パーティ会場になってます。





チェックインカウンターは、どこにいったと、探したら、隣の建物に移動してました。



同じホールをイベントに合わせ、
雰囲気も変えて上手に設営されていました。

開始時間になると、仮装した選手の方が
続々と来られてました。
クライストチャーチからきた選手の方は
チャーチから修道女に。しかし、そのベールは電飾が?キラキラ輝いてました。




ワールドマスターズゲームズに
参加されるかたの一番の楽しみの
パーティのようですね。
衣装も事前に揃えて用意し、
誰もがそれを楽しまれているようでした。
会場には、人がだんだんと増えて、
盛り上がっていくようです。


仮装の一番人気は、
バットマンと、バットウーマン。
スーパーマンより、海外ではバットマンの方が人気があるようです。

徳島での仮装パーティには、
阿波おどりに、妖怪も参加して欲しいですね。

■ ワールドマスターズゲームズ視察2日目

ワールドマスターズゲームズと、
開催地の観光施設との協力体制について。
ワールドマスターズゲームズでは
各競技の施設に入るためには、
サポーターのエントリーをしなければなりません。
私たちも、サポーター登録し、
記念品としてのリュックサックに、タオル、お菓子、観光ガイドマップ、クーポン券などをもらいました。
この登録には、ゴールド、シルバー、ブロンズのランクがあり、登録金額も違います。
開催期間中でも、クラスアップできるようです。(1ニュージーランドドル約80円)



そして、何より、金額の違いに応じ、
無料で入れる観光施設や、割引金額も違います。
登録ランクにより、主な観光施設が無料になったり、特別ゲートから入れる所もありました。
オークランドでの観光施設と言えば、
ガイドブックには必ず載ってる
スカイタワーです。


お昼頃に行きましたが、大勢の観光客が
おとずれてました。
まさに私たちが、ワールドマスターズゲームズを徳島県で開催する目的のひとつである、海外からの誘客数を伸ばす事ができる可能性を感じました。
シルバー世代のグループの方が楽しそうに来られてました。

タワーのガラスには、ワールドマスターズゲームズの競技ロゴが貼られ、お祝いの雰囲気を演出してくれてました。




オークランドの町が一望できます。


2021年に徳島県で開催決まっています。
県内の観光施設とワールドマスターズゲームズ参加予定(45000人目標)の選手およびサポーターの方を徳島の観光地、観光施設と繋ぐかが課題です。
交通方法、宿泊施設、飲食店など
計画性をもって対応することが不可欠です。また、関西広域での開催なので、
他県の競技に参加してるかたを、
徳島県にいかに呼び込むか、
という仕掛けづくりもスピード感もって
取り組む必要があります。
視察して、問題、課題がたくさん見えてきましたので、全力で取り組んで参ります。

すべて英語のみのアナウンス案内で、
看板表記も英語のみ。
オークランドでは、英語のみの所が多かったです。ニュージーランドでは第2外国語で日本語習ってる方もいて「こんにちは」「ありがとう」とうの日本語の挨拶もありました。
またワーキングホリデーで滞在している日本人も多く、働いてる人も多かったです。

■ WMGオークランド20172日目

オークランド視察2日目。
今日はハーフマラソンの視察。
朝7時半に10キロ走スタート。
9時ハーフマラソンスタート。
赤白のコーンや、旗で仕切り、
走るコースを設定。

















■ ワールドマスターズゲームズ開会式

午後7時から(現地時間日本と時差3時間)
ゲートが分かれスムーズに移動。
私たちはスタジアムの2階観覧席へ。
1階はアスリートの席。
各競技のプラカードで席のエリアが分かれてます。各競技の選手たち大盛り上がりのようでした。


グランドに舞台がつくられ、
開会前からバンド演奏がされてました。


いよいよ始まります。


席に腕にするライトが置かれていたので
それを腕に付け、開会演出に合わせて、赤、青、緑色にピンクと変わります?






会場は観客、選手一体となって盛り上がっていきました。

アナウンスは英語のみでした。

飲食店はスタジアムに常設のお店で、
フィッシュ&チップス
ハンバーガー
ドーナツにサンドイッチが
売られてました。
視察初日は終わりです。

■ WMGオークランド視察パート2

ウエイトリフティング会場に移動。
借り上げバスで30分くらい。
施設にはプール、ウエイトリフティングの設備があります。


プールはウォームアップ用だそうです。
正式な会場は向かい側の設備だそうです。


下見にこられてる方も。


ウエイトリフティング会場は明日からの開会に向け、急ピッチで設営中でした。






会場横にはウォーミングアップ施設があります。フィンランドからの選手の方が練習されてました。


応援にはご家族がこられてました。


2階では、協会関係者のミーティング。
さすが世界大会。


地元ボランティアのかたから、
食事の差し入れをいただきました。
よく見ると、スポンサー企業のもの。
ワールドマスターズゲームズの名前いりラッピング。


ボランティア受付の方に話を聞くと、
会場近くに住んでられるとのこと。
朝7時から来てます、と、にこやかに
話して下さいました。


■ ワールドマスターズゲームズ2017

4月20日〜26日まで
ワールドマスターズゲームズ
2017ニュージーランド大会の
視察のためオークランドに
行って来ました。
次回4年後に開催される
2021大会は関西広域連合で
開催します。
徳島県、鳴門市では
ウエイトリフティング、
ゴルフ、カヌーの開催が
決まっています。

まずは、サポーターのエントリーをするため、エントリー会場に。



笑顔のボランティアに迎えられました。


チェックインカウンター。

関西広域連合議会のPRブースです。

多言語のパンフレットもおいてます。


関西広域連合ブースの外見

オリジナルグッズショップもあります。




午後からはウエイトリフティングの会場に移動。

■ 鳴門市第一小学校入学式。

私の母校である、
鳴門市第一小学校の入学式に
お招きいただきました。



一年生61名みんな、
大きな声でお返事できました。



小学校では、勉強に運動に新しい事に
挑戦していってほしいです。
みんながんばってくださいね。


■ 第10回とくしまマラソンスタート

とくしまマラソンの応援に行ってきました。
今年は10周年の記念大会。
12454名のランナーが国道55号線
県庁前からずらりと並び、圧巻でした?



応援にうちわを手作りしました。



沿道にもずらりと応援の方がならび、
また、応援バスツアーのバスに乗って
応援にこられてる方もいました。
お話を聞くと、ご家族のかたや
職場の方々がランナーとして
出場されてるようです。



皆さん、完走めざしてがんばってください。